転職活動

【体験談アリ】転職エージェントについて知っておくべきこと

こんにちは!Annaです。

今回は、初めての転職活動を予定している方に向けて、「転職エージェント」についてお話したいと思います。

転職エージェントとは、求職者と企業をマッチングしてくれるサービスです。

私の体験を踏まえながら、転職エージェントをどのように理解し、利用すれば良いかを、お話させて頂きます。是非お役立て下さい!

合わせて読みたい(ワーホリ帰国者向け)↓

転職エージェントとは

転職エージェントのサービス内容は、主に以下になります。

  • 求人の紹介
  • 応募書類の添削・面接指導
  • 応募手続き
  • 企業との連絡
  • 面接日程の調整
  • 内定保留交渉
  • 内定後の年収交渉
  • 転職活動に関するプロ目線でのアドバイス
  • (キャリア形成のアドバイス)
  • (希望業界の情報提供)

転職エージェントでは、専属のキャリアアドバイザーが個々の求職者を担当し、転職に関する総合的なサポートをしてくれます。

そして、求職者は、これらのサービスを全て無料で受けることができます。

転職エージェントについて理解しておかなければならないのが、そのビジネスモデル。私たちが無料で転職エージェントを利用できるのは、企業が転職エージェントにお金を払っているからです。

企業は、求職者の入社が成立すると、入社する人の年収の30~35%を成果報酬として、転職エージェントに支払います。

このビジネスモデルを理解しておかないと、転職エージェントとうまく付き合っていくのが難しくなります。しっかり押さえておきましょう。

転職エージェントを利用するメリット&デメリット

メリット

  • 無料&オンラインで総合的なサポートを受けられる
  • プロにいつでも相談でき、アドバイスをもらえる
  • 求人検索にかかる時間が省ける
  • 内定保留交渉や内定辞退、年収交渉など、気の重たい企業とのやり取りを全部やってくれる
  • 選考に落ちた際、理由を教えてくれるので改善に繋げやすい
  • 厳選されたレベルの高い求人が多い(→競争が激化というデメリットも)

デメリット

  • 担当アドバイザーの当たり外れが大きい(変更をお願いすることもできます)
  • 担当アドバイザーが、求職者の希望よりも自分の営業成績を優先させようとすることがある(希望条件にそぐわない求人の紹介、内定が出たら入社させようと仕向けるetc.)
  • 希望にそわない求人が大量に送られてくることも...(求人紹介数のノルマがあるためと言われています)

転職サイト

求職者が自由に閲覧・応募することのできるプラットフォーム。(新卒就活と同じ!)

完全に自分のペースで、求人検索・応募ができる一方、企業との全てのやり取りを自分でやることになります。

しかし、エージェントが介在しない分、企業も主体的に求職者にアプローチするので、より多くのスカウトがもらえます。

 

【必読】転職エージェントは必要か?転職市場の現実とは

ここまで、転職エージェントには、メリット・デメリットがあることをご理解いただけたかと思います。

では、エージェントは利用すべきなのでしょうか?

結論から言うと、「利用すべき」です。なぜなら、転職エージェントを利用する方が、圧倒的に効率良く転職活動を進められるから。

また、転職活動は、新卒の就活と違い、同じ境遇で情報交換したり、励まし合ったりする友達がいません。困ったときに頼りになる人がいるのは心強いです。

Anna
仲間がいない分、新卒就活のときのようなマウント合戦とかなくて快適ですけどね… (笑)

しかし、エージェントを利用した転職活動、上手くいかないこともあるんです。そして私もそうでした。私は、エージェントを通して応募した企業、全部書類落ちしました。

しかし、転職サイトを通して応募した求人は、割と通過率が良かったんです…なぜか?

理由は、企業が採用活動にかけるコストの違いにあります。転職エージェントは、企業から、入社が成立した人の年収の30%~35%を成果報酬として受け取るという話をしました。年収が500万円の人の入社が決まった場合、30%は150万円。つまり、企業は、その人一人を採用するために150万円(+人件費、交通費など)をコストとして費やすことになります。

これだけのコストをかけるのですから、企業は中途半端な人材を採用したくはありません。即戦力として、確実に活躍してくれる優秀な人材しか採らないのです。つまり、経験者が圧倒的に有利で、業界・業種未経験は入る余地がありません。

一方、企業が転職サイトを利用して採用活動を行う場合、基本的には求人掲載料がメイン。こちらでは、採用コストが比較的少なく済む分、未経験者に対しても多少寛容になります。

また、エージェントを利用して、大きなコストをかけられる企業というのは、経営体力のある優良企業が多いです。ですので、求職者間での競争は激化します。そこで、未経験業界・業種を希望する人は、転職エージェントだけでなく、転職サイトも活用するのが得策でしょう。

ポイント

業界・業種未経験の場合は転職エージェント経由だと厳しいかも...

転職サイトも活用しよう!

 

利用した&オススメの転職エージェント

リクルートキャリア

初回面談と数社の応募まで行いました。

  • 初回面談は電話のみ対応で、オンライン利用不可
  • 私は前職が銀行なのですが、以前金融系出身者を専門に担当されていたアドバイザーで、銀行の仕事についてよく理解してくれました。
  • 履歴書・職務経歴書はオンライン入力
  • 過度な連絡・干渉はゼロ
  • 求人紹介数(自動送信)が一日に十数件。数日溜めると軽く百件を超えていて萎えました。

ココがおすすめ

最大手の余裕?しつこい営業ゼロだから使いやすかったです。

 

マイナビ

初回面談と求人紹介のみで、応募はしませんでした。(登録が遅くなったため)

  • 初回面談がオンラインで可能
  • アドバイザーとのコミュニケーションツールとしてLINEを利用。
  • 面倒見が良く、頻繁に連絡が来る。
  • ウェブサイトのデザインが古い。
  • 履歴書・職務経歴書はワード・エクセルのフォームに入力
  • 求人紹介は自動化せず、担当者が厳選してくれる。

ココがおすすめ

アドバイザーとのコミュニケーションが取りやすい!手厚いサポートを希望の人にオススメ!

 

オススメの転職エージェント

マイナビ・リクルートが運営する特化型のサービスです。

マイナビジョブ20's

既卒・第二新卒・20代に特化したエージェントです。

この記事を読んでくれている人は、ワーホリ帰りの方など、日本での職務経験が短い方も多いと思います。

エージェントを利用した転職は、企業もコストをかける分、即戦力となる経験者採用がメインです。

そんな中、こちらのエージェントでは経験の少ない20代向けの求人を専門で扱っているので、職歴に不安のある人に是非オススメしたいサービスです。

こちらから↓


とらばーゆ

リクルートが運営する、女性特化型の転職サイト。

女性ならではのキャリア形成に関する情報を色々記事にしていて、読んでいるだけで楽しいです。

求人は、オフィス事務、医療事務、美容系、アパレル、販売・サービスなどが中心です。

こちらから↓

 

転職サイト

「リクナビNEXT」をメインで利用していました。実際に3件の内定をもらったのも、リクナビNEXTです。あとは、「マイナビ転職」も見ていましたが、使い始めるのが遅かったので、応募はしていません、

両者ともサイトのデザインが良く、インタビューなど、コンテンツも充実していて、企業の雰囲気をつかみやすかったです。

 

最後に

というわけで、今回は「転職エージェント」について私の実体験をもとに、お話させて頂きました。

最後になりますが、この記事を読んで下さった皆様の転職が成功するよう、願っております!

この記事が「面白かった!」「役に立った!」と思って頂けましたら、是非各種SNSで記事をシェアして頂けると嬉しいです♡

引き続き、転職活動の体験談・コツに関する記事を書きたいと思っているので、どうぞよろしくお願いします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

-転職活動
-

© 2021 Anna's blog Powered by AFFINGER5