英語

【英語】BTSのユニセフ国連総会スピーチを紹介(2020)

こんにちは!Annaです。

BTS × English 企画第2弾です。

2020年9月23日、BTS がユニセフの国連総会で、動画を通じてスピーチを行ったので、ご紹介したいと思います。

BTSとユニセフ

BTSはユニセフのグローバルサポーターとして、2018年に「LOVE MYSELF」「#ENDviolence(暴力をなくそう)」 などのキャンペーンを通して活動、同年に国連総会でリーダーのRMがスピーチを披露しました。

RMのスピーチ、とてもカッコ良かったです...

国連総会への参加は今回で2回目でした。前回2018年は、RMが単独でスピーチを行いましたが、今回はRM以外のメンバーも韓国語で参加しました。

是非全て視聴してみてもらいたいですが、この記事では、英語でメッセージを伝えてくれたRMのスピーチの最後の部分を確認してみたいと思います。

スピーチ動画はこちらから↓

(BTSの出演は0:50~)

 

↓動画06:15~

Our tomorrow may be dark, painful, difficult. We might stumble or fall down. But stars shine brightest when the night is darkest.

僕たちの明日は、暗く、苦しく、困難かもしれない。僕たちはつまずいたり、転んだりもするだろう。でも、星が最も明るく輝くのは、夜空が最も暗いとき。

stumble「つまずく」

fall down「転ぶ、倒れる」

And if the stars are hidden, we'll let the moonlight guide us. If even the moon is dark, let our faces be the light that helps us find our way.

そして、もしも星が隠れていたとしても、月明かりが僕らを導いてくれる。月さえもが暗かったとしても、僕たちの顔が光になって、道を照らせばいいだろう。

Let's reimagine our world. We're huddled together tired, but let's dream again. Let's dream about a future when our worlds can break out of our small rooms again.

今一度、僕たちの世界について考えてみよう。僕たちは皆、疲れている。でも、もう一度思い描いてみよう。もう一度狭い部屋から解放される未来を。

huddled together「集まる」

It might feel like it's always night and we'll always be alone, but the night is always the darkest before the first light of dawn.

夜が明けなくて、ずっと孤独な気持ちにもなるだろう。でも、夜が明けて最初の光が差すとき...その直前はいつも一番暗い。

it feels like 「~のように感じる」

Life goes on. Let's live on.

人生は続く。共に生きよう。

go on「続く」

タイタニックのテーマソング「My Heart Will Go On」と合わせて覚えておくと忘れません。

以上です!

今の困難な時代に、世界中の人々を励ましてくれる内容になっていましたね。

「夜明け前はいつも暗い」

「夜が暗いからこそ星は明るく光る」

辛いとき、苦しいときに思い出したいメッセージでした。

こちらの記事も合わせてチェックして頂けると嬉しいです↓

【英語学習】ジャスティンビーバーが読む BTS の英語ニュース

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

-英語
-,

© 2021 Anna's blog Powered by AFFINGER5