洋楽

【追悼】EDM界のスーパースター Avicii(アヴィーチー)を解説&代表曲7選

Photo: Avicii公式Twitter

こんにちは。Annaです。

今回は、先日2020年4月20日に、2回忌を迎えた音楽プロデューサー、Aviciiを紹介したいと思います。Aviciiは私にとって、マイケルジャクソンと並ぶ二大スーパーヒーローです。今回は、一人でも多くの人に彼の音楽を知ってもらうため、記事を書くことにしました。

1.Avicii の音楽について

Aviciiは近年のEDMブームを牽引してきた音楽プロデューサーです。空前絶後のEDMブームの今、AviciiのようにDJとして活動しながら楽曲をプロデュースするアーティストはたくさんいます。私がなぜAviciiが一番好きなのかと言いますと、ズバリ、「聞けば分かる。格が違う。」からです。

…と、これでは伝わりづらいので、私なりに彼の楽曲の素晴らしい点をまとめてみました。

1.EDMの垣根を超えたEDM

AviciiはEDMに、フォークやカントリーなどの別のジャンルのサウンドを融合して、独自のジャンルを築きました。ファーストアルバムからのファーストシングル「Wake Me Up」が有名な例です。フォークギターのサウンドがとても切なく心を掻き立てる印象的なイントロがあります。

 

2.メッセージ性が強い

EDMというと、どうしても歌詞の内容がパーティー系か恋愛系になりがちです。しかし、Aviciiの楽曲は、人生の喜びや苦しみ、夢を追う若者の抱く葛藤、兄弟への無条件の愛、人生をどう生きるか、など、テーマの深いものが多いです。私は何度も彼の曲に救われました。素晴らしい音楽に乗せられた素晴らしい詩って、どうしてこんなにも胸を打つのだろうか・・・

 

2.Avicii の生涯について

Aviciiは1989年にスウェーデンの首都ストックホルムに生まれ、子供の頃から音楽制作ソフトにのめり込みます。そして高校卒業と同時に、作曲やリミックス制作などの本格的な音楽活動を開始。そして、ヨーロッパを中心にどんどん頭角を表し、デビューアルバムからのファーストシングル「Wake Me Up」で世界的大ヒットを記録します。

その後もヒット曲を連発し、世界各国でショーを行ったり、クラブを回ったりと、飛ぶ鳥を落とす勢いの超売れっ子だったのですが、その副作用として、過剰なペースでツアーをこなし、もともと問題を抱えていた健康状態がどんどん悪化していきます。Aviciiはもともと21歳で急性膵炎を患い、その後も胆のうの摘出手術をしていたそうです。本人の発言からも、心身ともに、アルコールでボロボロになっていたと思われます。華やかな夜の光輝く世界で命を燃やしながら光を放っていたのですね。

そして、Aviciiは2018年4月20日に、弱冠28歳でこの世を去りました。詳細は明かされていませんが、死因は自殺でした。

 

3.Avicii の代表曲7選

①Wake Me Up

デビューアルバム『True』からの先行シングル。全英1位、全米4位を始め、世界中で大ヒットとなる。間違いなく代表曲。YouTubeの再生回数は19億回を超えます。(2020/4/30時点)

「Wake Me Up」は夢を追う若者の葛藤を描いた曲。「無謀だ、無意味だ、と言われても、自分のやりたいことを諦めたくない」という人にはとても響くはずです。

とりあえずMVのお姉さんが絶世の美女なので、最悪そういう下心でも良いので見ましょう。女の子も間違いなく将来とんでもない美人になる。

 

②Levels

「Wake Me Up」と並ぶAviciiの2大代表曲。「Levels」が発表されたのは2011年で、「Wake Me Up」よりも前なのですが、彼の名をEDM界に轟かせる決め手となった曲。来日公演の際も「Levels」が最後にプレイされたときはもうみんな絶叫でした!MVが抜群に面白いので見ましょう。

 

③Hey Brother

ファーストアルバム『True』からのヒットソング。兄弟愛について歌った曲。Aviciiの楽曲は決まって、コーラスパートではなく、間奏が曲の山場になるのですが、全身を高揚感で揺さぶるトランペットの間奏パートの衝撃が未だに忘れられません。EDMというジャンルを越えた名曲です。

 

④The Days & The Nights

 

2つあるの?と思われた方、2つあるんです。「The Days」と「The Nights」はセットみたいな扱いです。特に「The Nights」は根強い人気がある印象。

 

⑤Waiting for Love

セカンドアルバム『Stories』からの先行シングル。こちらも根強い人気を誇る曲です。このMVは Lyrics Ver. なのですが、ワンちゃんを飼ったことのある方は多分涙なしでは見れないと思います。私は大洪水を起こしました(笑)

 

⑥Lonely Together

リタ・オラをシンガーに迎えての一曲。優しく切なく心地よく胸を締め付ける一曲です。リタオラ様が美しいので見ましょう。

 

⑦Heaven

「Heaven」は Avicii の死後、未発表曲を集めてリリースされたアルバム『TIM』(Tim は Avicii の本名)を象徴する曲です。亡くなることを示唆しているのかと思うと切なくなりますが、明るく美しい世界観をまとった一曲です。

 

4.最後に

私にとって、Avicii に関する最も印象的な思い出は、最初で最後の来日公演です。実は Avicii は、その前に日本公演を2回もドタキャンしていて、「3度目の正直なるか…?」と言われていました。Twitter ではみんな、度重なる公演キャンセルに文句を言ったり、それ以上にちゃかしてネタにしていましたが、今思えば、命を削りながら日本にもツアーを回ってくれたことに感謝しかありません。

今回の記事を書きながら、代表曲7曲を選ぶ作業が個人的にとても胸が苦しかったです。というのも Avicii の曲はどれも神レベルで、有名でない曲にも名曲しかないので…。今回は個人の好みを我慢して、代表曲・人気曲を紹介しましたが、機会があれば私の個人的なオススメも紹介できたらと思います。

ここまで、こんな自己満足の記事を読んで頂き、ありがとうございました。Avicii 最高!!!

-洋楽

© 2021 Anna's blog Powered by AFFINGER5